近代化が進む都市|木造の家作りに定評がある住友林業|家作りの実績が豊富

木造の家作りに定評がある住友林業|家作りの実績が豊富

近代化が進む都市

室内

戦後ますます発展

豊橋は、愛知県の一都市ですが、静岡県と隣接しています。そのため豊橋からは、愛知県の中心部にも、静岡県の中心部にもアクセスしやすいと言えます。新幹線の停車駅もあるので、利用することでそれぞれに直通できます。また、豊橋の西側と南側は海に面しているので、港やマリンレジャーのスポットもあります。特に港では、主に自動車の輸入や輸出がおこなわれていて、その台数は日本全国で第1位を誇っています。栄えているからこそ、豊橋は戦時中には標的とされ、焼け野原になりました。しかしその分復興によって、近代的な新築の建物が増え、現在では戦時中よりもさらに栄えた都市となっています。そのことから個人宅も、多くが新築のモダン住宅となっています。

自然災害を懸念して

交通の便の良さや近代化していることから、豊橋の人口は増えています。人口の多さでは県内第4位で、具体的には約37万人なのですが、この数字は戦時中の人口の3倍以上です。それだけ魅力の多い都市ということですが、ただし豊橋やその周辺地域では、しばしば大きな自然災害が発生しています。震度6を超えるような地震が発生したこともありますし、それと同時に津波や火災などの被害が発生したという記録も残っています。そのことからも豊橋では、耐震性の高い新築の住宅に、人気が集中しているのです。強化ガラスや強化プラスチックといった頑丈な建材を多く使った新築の住宅なら、地震や火災などが発生したとしても、生命を守ることのできる可能性が高いからです。